iPhoneのガラスが割れた時の対応

iPhoneは丈夫なガラス素材が使われていますが、落下や衝撃でガラスに日々が入ったり、欠けてします場合が多々あります。その場合、修理費用は2万円前後かかることもあります。

iPhoneのガラスを守るためには2つの方法があります。



1つは衝撃を吸収するケースを利用すること、2つめはシートを使うことです。

iPhoneのケースといえばデザイン性が高いものが多いですが、衝撃吸収タイプは若干の厚みが出てしまうのが難点です。

薄さを極めたスマートフォンなので残念なところではありますが、外でう買うことが多いならケースの導入を検討することをおすすめします。
その際、薄めのケースも多数販売されているので選択の幅はかなり広いです。

あなたにぴったりのYahoo!知恵袋関連の情報をたくさん掲載しています。

2つめのシートについては衝撃吸収シートが販売されています。



落下時の衝撃を抑える効果があるのですが、ケースに比べるとかなり劣る性能となっています。

iPhoneのガラス面を壊してしまった際、操作ができることが多いです。

これはガラスの下にあるデジタイザが故障していないためですが、怪我の原因になったり、デジタイザの故障の原因となるので運用は避けたいところです。

デジタイザは部品代が数万円することも多く、動くならすぐにガラス面の交換をするほうがよいです。

落下することで壊れることが多いガラス面ですが、落下防止のためのグッズも多数販売されています。
グッズとして特に売れているのが指に紐を付け、iPhoneと繋ぐタイプです。
操作の邪魔にもならないので注目されています。