iPhoneをバックアップする方法

iPhoneを買った場合は、まずバックアップをしておくということが大事になってきます。


このバックアップをしておかないと、もし、iPhoneを無くしてしまったり、壊してしまったりしたときに、データがすべて消えてしまう可能性があります。そこで、バックアップをしておけば、こういった事態が起きても、安心してデータを復旧することができます。

iPhoneには、2つのデータのバックアップ方法があります。



それは、iCloudを使う方法とiTunesを使う方法です。


まず、iCloudを使ったバックアップの方法としては、WiFiに接続して、設定アプリを開き、iCloudをタップします。

Girls Channelの専門技術を身につけましょう。

ログイン画面が出てきますから、AppleIdでログインします。ログインが終わったら、バックアップをタップし、iCloudバックアップをオンにして今すぐバックアップを作成をタップします。


次に、iTunesでバックアップする方法としては、まず、パソコンとiPhoneを接続します。
接続をするとパソコン側の画面にiTunesが自動的に起動するので、その中のiPhoneボタンをクリックします。



クリックすると、バックアップという項目が出てきますので、その項目を選択します。


中には暗号化することでバックアップデータを保護することができるという項目がありますから、その項目を選択すれば、暗号化するためのパスワードを設定することによって、高度なバックアップを作成することができます。